講義録

企業金融の理論と実務 第1回 講義録

2021年9月16日、幸田博人先生ご担当の「企業金融の理論と実務(みずほ証券寄附講義)」の第1回講義が行われました(新型コロナウイルスの影響により、2021年度は動画配信によるオンデマンド受講方式となりました)。

幸田先生より、冒頭、オリエンテーションとして講義全体の概要、その後「マクロから見た企業金融と資本市場」というタイトルで、金融資本市場の基本的な仕組み、日本が直面している社会課題を中心にお話いただきました。

金融資本市場のパートでは、株式市場や日経平均株価の動向、外国人投資家のプレゼンスなど株式に関する重要トピックについて、日本が直面している社会課題のパートでは、コロナや人口減少・高齢化、ESG投資など今話題となっているトピックについて資本市場の目線から解説していただきました。学生からは「国内の投資家に比べて、海外投資家の存在感の大きくなっている原因は?」といった質問がなされました。また、講義後のアンケートでは「グラフやデータが豊富で、説明もとても分かりやすかった」「苦手意識のある分野だったが、理解が深まった」「今後の講義が楽しみである」といった感想が多数寄せられました。